葬儀にかかる費用とその内訳

いざ、というときに、必ず役立つ「お葬式」総合情報サイト

非日常の儀式を分かりやすくサポート

実際に、家族が病院や自宅で亡くなられたとき、まず医師から死亡診断書を発行してもらい、葬儀社に連絡して、遺体搬送車を手配します。 遺体を自宅か、斎場に安置した後、葬儀社の担当者と火葬場の予約時間、お寺の都合を確認し、葬儀の日程・時間について、友引を避けて決めます。

葬儀社と葬儀の日程・準備

葬儀は、お寺の宗教的な儀礼として、読経をあげて頂き、遺族や近親者が故人の冥福を祈り、あの世に送る儀式です。
宗派によって、進め方に違いがありますが、葬儀の流れは、概ね僧侶の読経、焼香、出棺、火葬という順になります。
また、葬儀・告別式と合わせて行いますが、本来は、それぞれ別のもので、告別式は参列者、会葬者が焼香して、故人にお別れをするものです。
葬儀は、近親者のみで執り行い、その後、告別式を行うのが一般的でしたが、お葬式自体が簡略化されてきているようです。
例えば、芸能人や著名人で執り行われる「故人を偲ぶ会」は、一般的な告別式を意味しており、事前に近親者で葬儀を執り行った後に行われています。
また、最近では、葬儀の前日に行われる通夜で弔問を済ませる方が多くなっています。
お通夜は、以前、近親者が故人と自宅、あるいは斎場で過ごす最後の夜を意味して、一般の方は弔問しませんでしたが、お葬式も時代とともに変わってきました。
葬儀は、非日常であるため、急な不幸で葬儀を執り行うことになる場合も多くなります。
葬儀社に依頼することになりますが、当事者が落ち着いて判断できないような状態で、プロが示す葬儀のプランに従って契約して、後でトラブルになることもあるようです。
そうならない手段として、複数の葬儀社から一括見積を取り、時間的な余裕があれば、事前の準備をしておくことが重要です。
このサイトでは、後悔しないための葬儀に伴う費用の実際と、その内訳について、葬儀費用の相場感からベストな選択ができるようにしましょう。

葬儀費用には、どんなものがあるのか

お葬式は、前日の通夜から始まり、翌日の葬儀、告別式、火葬の順に進められます。 葬儀費用は(1)通夜からの飲食接待費(2)お寺様へ支払う費用(お経、戒名、お布施)(3)葬儀社へ支払う葬儀一式費用(4)その他(お車代等)が考えられます。 実際はお花や香典返しなど、葬儀社の担当者と細かく打ち合わせて決めます。

終活で準備しておくとよい葬儀について

親が亡くなったような場合、喪主の子供は、同居したことがなく、親のことを知らないで、戸惑うことが多いかもしれません。 最近、「終活」というものが注目され、親の死後、子供に迷惑をかけないように、財産や遺言、葬儀、お墓などについて、希望を綴ったもので、葬儀費用を準備しておくこともできます。