いざ、というときに、必ず役立つ「お葬式」総合情報サイト

非日常の儀式を分かりやすくサポート

遺族がしておく事前の準備と手続き

家族が亡くなったとき、遺族は、まず病院で亡くなった場合、看護師や専門業者に死後の処置(エンゼルケア)をしてもらいます。
その後、医師に「死亡診断書」を発行してもらい、葬儀社に連絡を取って、自宅か、病院か、亡くなった場所を伝え、遺体を安置できる自宅か、斎場に搬送してもらいます。
遺族は、喪主を決めて、葬儀担当者と打ち合わせを行います。
喪主は、死亡診断書を葬儀担当者に渡して、役所へ「死亡届」、「火葬許可証」などの手続きを依頼します。
特に、お寺の都合と火葬場の予約時間を確認し、葬儀の日程を六曜の友引を避けて、決めます。(通夜は友引を避ける必要はありませんが、葬儀との関係で調整が必要になることもあります)

葬儀担当者と綿密な準備

葬儀は、喪主がプロである葬儀社の担当者と細かな打ち合わせを行って、見積もりをつくってもらいます。
打ち合わせの内容は、葬儀のプランとして、施主花、香典返し、会葬礼状、さらに通夜振る舞いと火葬後の精進落としなど、飲食プランといった「葬儀一式費用」を調整して、納得できれば契約を結びます。
契約に沿って、葬儀担当者は、葬儀の施行に入り、まず「納棺の儀」を執り行います。
遺族が立会いのもと、映画『おくりびと』で話題になった納棺師が故人に「死装束(しにしょうぞく)」を施して、故人にゆかりのものを一緒に添えて、想いを込める儀式です。
納棺を終えると、通夜に入ります。
通夜は、一般的に午後6時~開始され、所要時間は2~3時間で終了します。


この記事をシェアする