いざ、というときに、必ず役立つ「お葬式」総合情報サイト

葬儀費用には、どんなものがあるのか

葬儀費用の実際(内容と相場)

葬儀費用は、地域によって、多少の差がありますが、財団法人日本消費者協会の第11回「葬儀についてのアンケート調査」(平成29年1月)によると、葬儀費用一式121万4千円、飲食接待費30万6千円、寺院費用47万3千円で、全国平均の総額195万7千円となっています。
その内訳として、葬儀一式費用には、ご遺体の搬送、通夜、葬儀・告別式、そして火葬に至る必要経費(物品や人件費)が含まれています。
飲食接待費用は、通夜振る舞いと火葬後の精進落としが主なものですが、一人前あたり4千円前後で参加人数をかけると、予算を立てられます。
寺院費用は、お寺の檀家として、読経や戒名授与のお札として、僧侶に渡すお布施の費用です。
僧侶には、通夜での読経から翌日の葬儀・告別式、そして火葬場での読経までを依頼します。

葬儀費用の実質負担は

葬儀費用の総額は、全国平均で195万7千円となっていますが、では、実際に喪主など、葬儀主催者が負担する費用はどのくらいになるのか、考えてみましょう。
まず、葬儀には、参列者、会葬者から香典が寄せられます。
「第2回お葬式に関する全国調査」(鎌倉新書)によると、一般的な葬儀で寄せられる香典は、平均78万9千円となっています。
また、故人が加入していた公的な医療保険から、埋葬料として、5万円が給付されます。
国民健康保険、後期高齢者医療制度の加入者が亡くなると、自治体によって異なりますが、1万円から8万円程度の葬祭料が給付されます。
これらを総合しますと、葬儀費用の実質負担は、195万7千円から、香典、埋葬料、葬祭料などを差し引いた約105万円となります。
やはり喪主など、遺族にとって、葬儀費用の負担は大きい。
直葬や家族葬といった形で、ごく身近な親族だけで葬儀を執り行い、費用の軽減を図る傾向もあります。


この記事をシェアする